こんちは!管理人のハバネロです!

お正月休みいかがでした?

 

管理人はTHE食っちゃ寝で

体重増加がヤバいっす(;^ω^)

 

そんな中、まだまだ太らせようと

する番組満天青空レストランでは

 

淡路島の特産品?養殖トラフグが

紹介されるようです。

 

このトラフグは3年トラフグといって

通常より長い期間養殖することで

一般的な大きさの養殖フグを

上回る大きさと味をほこるんだとか。

 

通販や白子も食べたいので白子も

あるかなどしらべてみました!

スポンサードリンク

淡路島3年トラフグがすごい!

 

 

淡路島の3年トラフグのすごい所は

やはり環境と年月でしょうね。

 

通常の養殖フグでは2年ものが

主流だそうです。

 

ふぐと言えば山口県は下関が

有名です。

 

ちなみに全国1位は何と長崎県

だったりします(笑)。

 

いま、養殖フグは群雄割拠、

陸上養殖のフグなんてのもあったり

するのですが、淡路島3年トラフグは

やはり鳴門海峡の速い潮流にが

 

身を引き締め、うま味をたくわえる

のか、他の養殖フグとは頭一つ

抜きんでいる存在といえるのでは

ないでしょうか?

スポンサーリンク

淡路島3年トラフグの通販・お取り寄せは?白子もある!

 

こちらの淡路島3年トラフグの通販を

調べてみたところ、いろいろありますねー

 

ですが当サイトではこちらの業者さんを

お勧めしたいと思います。

 

こちらの業者様は生産者直販と

なっているので高品質低価格を実現。

てっさなどにもできるようです。

 

更に!3年トラフグでおいしいのに

もう1年飼育した4年トラフグも

あるようです。

 

他にもふぐと言えば白子もうまい。

3年トラフグの白子なんかもある。

もっとお手軽に身近な食べ物として

楽しみたいならこの商品もいいのでは?

 

トラフグのカレーってどんなのだろう?

ちょっとしたネタやカレー愛好家の寄り合い

などあったらもっていくのもいいでしょうね。

 

まとめ

 

淡路島の3年トラフグは通常よりも

長期間肥育することで通常では

考えれないサイズと味を生み出した

淡路島の特産品。

 

通販は各種ある。中には4年トラフグ

も存在する。以上最後までご覧

いただきありがとうございました!