いやー、日本体操女子
やってくれましたね

カナダで行われている
世界体操。

村上茉愛選手が

床で金メダルですよ!

総合でも4位とすごい
成績なんですが
やっぱり金メダルが欲しい
というのは仕方ないところ(笑)

それをやってくれました!

日本中村上フィーバーですね。

さて、そんなフィーバーの中
気になる人物が

池田敬子さん(旧姓田中)

1954年のローマ大会での
種目別平均台で金メダル

そして1966年ドルトムント
世界大会で総合3位
で銅メダル獲得とすごい成績を
残してる方です。

管理人のが生まれる前の
話しなんで全く知りません
でした。

今回はそんな大先輩について
ちょっと調べてみます!

  • 池田(田中)敬子のプロフや
    年齢に経歴は?
  • 池田(田中)敬子の体操の成績は?
  • 池田(田中)敬子の引退後は?

以上の内容でお送りします!

スポンサードリンク

池田(田中)敬子のプロフや
年齢に経歴は?

wikiより引用

  • 名前:池田敬子 旧姓田中
  • 生年月日:1933年11月11日
  • 年齢:83歳
  • 現役時の身長:154センチ
  • 現役時の体重:54kg
  • 出身地:広島県豊田郡鷺浦村
    (現:三原市鷺浦町)
  • 出身校:広島県立三原高校
        日本体育大学

まず注目は誕生日!ポッキーの日!
だからなんやねんという突っ込みは
なしの方向で。

小柄な方ですねー。ちょっと

村上茉愛さんの身長と体重もだして
みましょう。

村上茉愛選手の身長は148センチで
体重は48kgとのことなので
・・・・ちょっと池田敬子さんの
現役時代のほうがぽっちゃり?
してたかもしれませんね。

上の写真が23歳当時のものなん
ですがやっぱりちょいポチャ?

現在年齢は83歳というおばあさん。

こうして数字みると改めて戦前の方
なんだなーと思います(;”∀”)

1933年という事は戦時中に10歳くらい
不幸中の幸いに住んでいるところは
空襲被害がなかったそうです。

ただ、叔父は広島市内に住んでいた
為に被爆死。父も空爆後の市内に
叔父を探しに行ったために二次被爆
してその年の冬に他界されています。

一歩間違ったら金メダリストは生まれ
なかったわけですね。

経歴も見てみましょう。

スポンサーリンク

幼少時は山や川で遊びまくる野生児
といっても当時の子供はみんなそう
だと思いますが(笑)

中学時代にはバレー部でエースにして
陸上短距離や水泳の県大会出場と
この当時から半端ない身体能力
をみせています。

そんな中学時代の前に小学校から
バレエ教室に通っていて、高校まで
続けていたそうです。

現在は体操とバレエなどの共通の
重要要素体幹などの話すぐでてくる
んですどこの当時情報不足だろうし
体操の下地になってるって気づかな
かったかもしれませんね。

体操に出会ったきっかけは
なんと遊びの中だったそう。

元々はテニス部だった敬子さん。

部活中に遊びで鉄棒をしていたら
才能を見出した体操部顧問にスカウト
されたそうです。

顧問同士の取り合いにならな
かったんですかね?(笑)

入部早々に平均台などで基本的な技
をすぐに覚え、その速さに周囲を驚愕
させたエピソードや体操を全く知らない
祖母に宙返りを披露するも

「女の子が大股開くとは何事じゃ」

と叱責。

確かに開脚した技ってヤバイですね(笑)
しかも当時は今より煽情的なことの
ように映るんでしょうね。

ああ、昭和だ(笑)

1952年に日体大に入学。
しかも女子では一期生なるので
授業は男子と一緒のカリキュラム
だったらしく相当きつかったそう

部活も男子と同じ。

そりゃ強くなるわな(笑)

1953年には全日本体操競技選手権
にて見事に優勝を果たしています。

翌年の54年には今回話題になって
いるローマ大会で平均台で金を
取っています。

スポンサーリンク

この時あまりの華やかさと美しさで
地元のファンからローマの恋人
と揶揄されるように。

お口の恋人みたいな響きですね(笑)
でもロッテではありません。

そして結婚、出産も経験します。

旦那さんは国士館大学の教員の方
で池田睦彦さんとおっしゃる方

馴れ初めはお見合いだったそうです

しかも結婚の条件がすごい(笑)

体操を続ける事。

当時の女性としてはなかなか勇気の
ある条件提示ではないでしょうか?

女性=家庭に入るが一般的でしたも
んね。

子どもは2人産んだそうです。

2人目を身ごもった時に体操協会から
東京五輪を控えているのになにごとか

と怒られたそう。今そんなこといった
ら大問題ですね。

いやー、昔って怖い(;”∀”)

それに対し【産んで五輪も勝つ】

と啖呵を切った敬子さん。

五輪直前の1月前に足をケガする
アクシデントに見舞われながらも
銅メダルと大健闘します。

すごすぎる。

その後現役晩年になるにつれ
やはり体力的な問題で結果が
出てこなくなった為に引退

と思いきや、2011年のインタビューで

「周りが勝手に引退といってる
だけで、自分でやめるとは言っ
てない。今でも現役で試合に
出れる。」

と言ってます。

まさに女傑ですね(笑)

では池田敬子さんの華々しい

華麗な成績を見てみましょう!

続きます!↓↓