スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです。

みなさんはタピオカって好きですか?

管理人はちょいと苦手。

 

とはいうもの、第一次タピオカブームの

頃のんだっきりなので今現在の流行の

ものとは若干趣が異なるようです。

 

管理人の時代はタピオカドリンクと言えば

問答無用でココナッツミルクが主流だった

のですが、現在は紅茶風味などが多いよう

ですね。

 

再びチャレンジしてみようかな?

と思っていた矢先にマツコの知らない世界で

なにやらすごく可愛らしい女性二人が

登場します。

 

現役女子大生という華恋さんと奈緒さん。

現在2人はたぴりすとという名前で

インスタグラマーとしてタピオカ情報を

発信中。

 

その内容がすごく濃いんです(笑)

そんな彼女たちがなんとタピオカアプリを

作るべく活動していたのでご紹介します。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で紹介!たぴりすと華恋と奈緒のインスタグラムがヤバい!

そもそも『たぴりすと』とはなんぞや?って

話ですが、現役女子大生2人が運営する

タピオカ専門Instagramアカウント。

 

甘さ控えめ&甘めが好きなお二人が

全国津々浦々のタピオカをそれぞれの

視点でガチ審査するというもの。

 

ものすごく詳しくレポートされています。

もう卒論は『タピオカの販売数と日本経済』

でいいんじゃないでしょうか?(笑)

 

Instagramでどうやって

情報を発信してるのかなぁと思って

見てみると、画像をうまく使っており

 

初めはタピオカの画像でスワイプして

行くと味の感想やタピオカの品質など

の情報に店舗情報など詳しく解説。

 

最後に総合評価もあり、多分そのうち

書籍化されるんじゃないかと思います。

というか、〇〇ウォーカー別冊あたりで

是非してほしいですね。

 

情報量としては恐らくは関東が

本拠なのでどうしても偏りがでて

しまっていますが、そこはSNSの

力をいかんなく発揮してタピオカ

総選挙〇〇編などで地方の情報も

ピックアップしています。

 

長期休暇はタピオカ行脚してるん

でしょうねぇ。

 

2人の目標は自分たちのタピオカの店を

持つこと。

 

その足掛かりとしてインスタグラマー

としてまず有名になろうと思った

そうです。マツコにも出演して

夢に近づいていますね!

 

たぴりすとのインスタグラムはこちらから

どうぞ。

 

華恋と奈緒(たぴりすと)がタピオカアプリを開発?クラウドファインディングで募集

していたんですよ。ハイ、過去形です。

結論から申し上げますと、クラウドファインディング

に失敗してます。残念。

毎日のようにお店が増え続けるタピオカブームの中、「タピオカ店だけを検索できるタピオカマップが欲しい」「私たちもタピオカ店を評価したい」という声にお答えすべく、タピオカ専用情報アプリを開発します!皆さんが“たぴりすと。”となり、いつでも近くのタピオカ店を検索、そして評価していただけます!

という内容のアプリを開発しようとして

開始したプロジェクトでした。

 

クラウドファインディングで集めようと

思った経費は200万。

 

対して実際に集まったのは15万程度。

 

Instagramのフォロワーなどが

5万人を超えていたわけですが、残念ながら

夢破れてしまいました。

 

支援の内容も500円からとリーズナブル

だったのですが、どうしてもこういうアプリ

開発などでのクラウドファインディングは

リターンの内容で苦労してしまいます。

 

現役女子大生が一生懸命考えて、ステッカー

や質問回答などの権利をつけましたが

ちょっと難しかったのでしょうか?

 

しかし今回、マツコの知らない世界での

紹介はチャンスと思いますね。

 

今現在のところ、再びクラウドファインディング

での募集はしていないようですが

もしかしたら次は集まってくるかもしれません。

 

是非とも、管理人のタピオカ再チャレンジの為に

タピオカ専門アプリを開発してほしい

ものです(笑)

 

あとは、、書籍出版のほうが現実的?かも

しれませんね。マツコの知らない世界の

影響力をうまく利用して、夢を実現して

欲しいですね!

スポンサーリンク

まとめ

マツコの知らない世界で紹介されるたぴりすとは

現役女子大生インスタグラマー奈緒と華恋。

 

2人でタピオカの店をするのが目標。

まずはインスタで有名になる為に

活動中。

 

過去にタピオカ専門アプリ開発で

クラウドファインディングをするも

残念ながら失敗。

 

マツコの知らない世界の影響を

利用して頑張ってほしいですね。

 

最後までご覧いただきありがとう

ございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク