12月20日放送のなんでも鑑定団で曜変天目茶碗が出品されています。

こちらの茶碗について、ちょっと詳しく調べてみたいと思います!

最後の方に気になる国宝になったらどうなるか?へのリンクも貼っていますので興味ありましたら是非!

曜変天目茶碗について詳しく!

鉄由来の釉薬をぬってやく天目茶碗の中で揉類まれなる美しさを持つのが曜変天目茶碗。

もともとの字は『窯変』であり光り輝く様から『曜』の字をあてて曜変となるほどの美しさを秘めています。

外見

漆のような黒い艶のある肌に、大小の星のような斑点がちりばめられてその様はまるで夜空の様であります。角度によって変わる虹色の光はまさしく最高峰の証といえるでしょう。

http://fujita-museum.or.jp/

まるで宇宙の星雲を思わせる美しさです。

窯元

窯元は中国とされています。ごく少数南宋時代につくられ、それ以降なぜか作られることがなかったという謎に満ちた器です。一説によると不吉の前兆として忌み嫌われて破棄されていたという話もあるようです。またもう一つの説によると一部の権力者の手によってこちらの器を独占しようとして数が作られていなかった可能性もあるようです。

曜変と呼ばれるためには

曜変と名乗る為には必要不可欠な条件があります。

それこそが上記の星のような文様と虹色の輝き。それこそが曜変天目茶碗の証なのです。

現在国宝指定の3品の曜変天目茶碗以外にも準曜変天目茶碗と呼ぶべきものが数点存在してます。

現存する曜変天目茶碗の蔵所

静嘉堂文庫美術館

こちらに置かれているのは通称で稲葉天目とよばれている曜変天目の中でも最高と呼ばれいるそうです。元は将軍家である徳川家の物であったが、春日局の見舞い品として下賜した事で淀藩主稲葉家に伝わったので家名を取り『稲葉天目』と呼ばれている。

戦前に三井財閥総帥岩崎小太郎氏の物となるが一度も使われることはなかったそうです。

氏曰く『天下の名器を私如きが使うべきではない』と言わせるほど。

天下の三井財閥総帥をもってしても使うに値しないってどんな名器よ?とおもってしまいますね。

「稲葉天目」の画像検索結果

静嘉堂文庫HPより

藤田美術館

こちらに蔵されているのは、水戸徳川家に伝えられたもので、曜変の斑紋が椀の外側にも出ているのが特徴です。1918年に藤田財閥の藤田平太郎氏の手に渡り、現在は同美術館に保管されています。

http://fujita-museum.or.jp/

個人的にはこれが一番好きです。

大徳寺龍光院

こちらは筑前黒田家の菩提寺。堺の豪商津田宗及が最初所持していたという言い伝えだが詳細不明。その後黒田長政が博多の豪商島井宗室の縁でこの寺に納められたという説もある。

こちらの椀はなんと通常非公開!寺宝ってやつですね。

特徴はいっちゃん地味(笑)しかし幽玄の美しさが定評の通の一品。解る人にはわかる!

http://nazo108.sblo.jp/出典

 

確かにいい感じ・・・吸い込まれそうな雰囲気がありますね。

まとめ

如何でしたでしょうか?どの椀も非常に趣があり、流石国宝と言える至極の逸品だと思います。是非一度現物みてみたいですね!

各施設のHP貼っておきますので是非行ってみてください。

あ、最後の龍光院の物は非公開なので悪しからず

静嘉堂文庫美術館

藤田美術館

大徳寺 (こちらの椀以外にもみるものあるので是非)

最後までご覧いただきありがとうございました!

こちらも興味ありましたら是非!国宝になったらどうなる?について書いております!

https://siritype.com/tenmokuchawan-700