スポンサーリンク

弥安の進路は?

現在、大学一年生という弥安は今後どうするのか?

本人の希望としてはミュージカルの道に進みたいそう。

父の演劇の才能と母の歌の才能、うまく合わされば可能性はありますよね。

ミュージカルや演劇に必要な記憶力はピカ一の物を持っている様です。なんと演劇【ジキルとハイド】の3歳の時に見てそれを全部覚えているそう。

父大鶴義丹の事は覚えていないのに演劇は覚えているのがポイント(笑)

ミュージカルには歴史物も多いから選んだのかどうかは解りませんが、大学の専攻は歴史だそう。2年目からは日本史にしようと思っているそうです。

・・・・ミュージカル関係ないか??

因みに母のマルシアさんはとりあえず大学だけはしっかりと卒業して欲しいそうです。自分が身を置いているから強く言えないかもしれませんが、芸事は厳しいですものね。

スポンサーリンク

毒舌?弥安の性格は?

番組内で毒舌といわれている弥安。

かなり母のマルシアに対しては言いたいことを言っている様ですね。

母によく、再婚しろ!とか、心配で出ていけない!とか一人暮らししても絶対に来る!などかなり強く言っているそう。

再婚を全く考えていないマルシアには少々うるさく感じてるかもしれませんね。さらにその上で仮想相手を分析。

年下はマルシアに潰されるからダメ!年上は押さえつけられる事が嫌いなマルシアがむかつくからダメ!だから同年代がいい!と母の意見は全く聞かない模様。

気が強く面倒見が良い性格のようです。

この性格ゆえ、ちょっとした毒舌に聞こえるのかもしれませんね。近所の口の悪いけど面倒見のいいおばちゃんとかいませんでしたか?(笑)

気が強いエピソードとしては、以前にイジメに合っていた事もあるようですが、決して母には言わずに気丈にふるまい、心配をかけたくなかったと言います。

後、特筆すべきは父と同じずぼらな性格。

台所で使用したタオルで平気で顔を拭いたり、コップを使わず、そこら辺のお椀ですましたりと面倒くさがりなところが父といっしょだと言います。

気が強くて、ずぼらな性格の弥安はこれからミュージカルに進出できるでしょうか?気が強いのはいいですけど、ずぼらな性格はちょっと直されたほうがいいかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

弥安の進路はミュージカル俳優で大学2年時は日本史を専攻予定。

性格は気が強くて面倒くさがりのずぼらな性格。

ずぼらな性格と顔は父譲りですね(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク